不動産に関わる税金について

不動産はとても内容の深い分野です。
不動産について書こうとしたらとてつもない長さになってしまうので、今回は不動産と税金に内容を絞って書いていきます。
その中でも、不動産を取得する場合に関わる税金について4つ書いていきます。

1つ目は不動産取得税です。その名の通り、不動産を取得すると課税される税金です。地方税です。個人だけではなく法人も支払わなければなりません。
2つ目は登録免許税です。これは、住宅を新築・購入し、所有権の保存登記や移転登記などの場合に課税されます。国税です。こちらも個人のみならず法人にも納税義務があります。

3つ目は印紙税です。これは、印紙税法で規定されている契約書や領収書などの文書を作成した場合に課税されます。国税です。納税義務があるのは、課税文書を作成した者となっています。
最後は消費税です。普段私たちが買い物をする時に支払っている税金ですが、不動産の取得にも課税されるのです。ただ、全ての取引に課税されるわけではなく、課税されない場合もあるので要確認です。

いかがでしたか?不動産と税金という、分かりにくい2つのものが組み合わさっているので理解するのが大変ですが、身につけておいて損はない知識です。少しずつでもいいので勉強しておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です